週間ランキング
正しい性奴隷の使い方-暗黒大陸開拓記-
1
おばさんの肉体(からだ)が気持ち良過ぎるから ~ボクのおばさんは超名器だった ~
2
あくのこころ1+弐
3
兄嫁京香さんとその母千佳子さん~兄嫁の母千佳子編~
4
催眠音声-悪魔な天使の快楽地獄
5

行け!! 鳴神学園オカルト研究部 レビュー

行け!! 鳴神学園オカルト研究部の紹介です。

ストーリー

20160223.011
オカルト研究部に所属するヒカリは、部室で目を覚ます。
いつもの部室のようだったが、なぜだか異様な雰囲気が。
20160223.057
部室を抜けるとそこはダンジョン。ワームホールを通り抜けた異世界だった。そこは魔王が支配する世界。

20160223.275
力の棒、というアイテムの効果で、エロの力を使えば強くなることが判明。
パラレルワールドだから旅の恥はかき捨て。Hなことに励みパワーを付け、魔王を倒し世界を救います。

オカルト研究部の部員はヒカリ以外にも数人。
それぞれがHなことをしてパワーを貯めていきます。

システム

まずは戦闘面。
20160225.014
5人までのパーティを組むことができ、前衛後衛にわかれます。
20160331105907
まず先頭のキャラのコマンドを選択し行動が終了すると次のキャラクターに移り、味方全員の行動が終了すると敵のターンになります。
このゲームの戦闘の特徴は、ノーダメージ勝利が基本なこと。
敵は攻撃するのに1~2ターンの「タメ」を要します。
攻撃が早い敵から倒していき、眠り、麻痺などの状態異常も駆使して敵がなにもできないまま勝利するのが基本となっています。
20160331105907_
敵の下に表示されているスタンゲージ。このゲージがいっぱいになると敵は1ターン行動できなくなります。これも重要なポイント。

20160223.246
ダンジョンは、ランダム生成。(マップ固定の階層もあります)画面中央にうっすら出ているのが今まで通ってきたマップです。
どんどん下の階層へ降りて行き、ボスを倒せばダンジョンクリア。
敵はシンボルエンカウントで、こちらの歩数に合わせて敵も移動する形式。
自分がいる部屋のみしか敵が見えないようになっており、隣の部屋に移動した瞬間敵と蜂合わせることもよくあります。

ダンジョンはいったん入るとパート編成、装備構成などは変更できないようになってしまいますが、
一定の階層ごとにセーブポイントが設けられており、一旦脱出してもそこから始められるようになっています。

パートは朝、昼、夜の3パートにわかれています。
20160316.002
朝パートは、おもに魔界へ行きダンジョンを進めるのが目的。

20160316.003
昼パートは、部室にいる部員とのイベントパートです。
部室には巫女、ヤクザとの交渉役、ロリっ子、ショタなどいろいろな属性を持った子がいます。
Hなことをするとパワーが貯まる世界ということでそれぞれがHなことをしようと奮闘します。

20160227.097
夜パートは主人公ヒカリの売春パートです。
20160331112305
最初は手コキだけという簡単な依頼ですが、H度があがるにつれどんどんハードな受けることができるようになります。

Hシーンについて

部員とのイベント、もしくは売春でHシーンを見ることができます。
戦闘敗北でのHシーンはありません。

主人公ヒカリの売春では、
20160223.312
おじさんとの手コキから始まり…
20160223.321
野外露出など…
20160227.101

他の部員では、
「除霊」と称し売春する子や、
20160331113233
小さい男の子とのプレイもあります。
20160331113440
もちろん本番もあります。
中出しされると一定の確率で妊娠してしまい、HPが半分になりダンジョン攻略には支障が出てしまいますが…
20160331113719
ボテ腹限定のイベントもあったりします。

まとめ

初回プレイ時間は15時間ほど。
ダンジョン攻略のほうに重点を置いていくとストーリーはサクサク進んでいきますが、
Hシーンの回収は半分ほど残った状態でした。
ダンジョンさえ行かなければイベントはどんどん起こせるので、クリア後スムーズに回収することができます。
クリア後はシーン全開放も可能ですので、サクッと見ちゃうことも可能。

ノーダメージで倒す、というコンセプトの戦闘は、うまくやればちゃんとノーダメージで倒せるよう調整がされており、
ストレスなく進めていくことができます。
ダンジョンごとに特別ルールもあり、マンネリ化が起こらないような工夫もされています。

パーティーは5人までですが、連れて行かない仲間にも同様に経験値が貯まるようになっており、
メンバー入れ替えも気軽にできる仕様になっているのは良い設計。
このシステムのおかげで古参と新参の格差が解消され新キャラもすぐに試せます。

Hシーンは80ほど。
主人公がいちばん多いですが、そのほかにも部員がたくさんいるためシチュエーションはかなり豊富。
ボスを倒せばすべてリセットされるという条件で普段には絶対やらないようなことにも主人公たちが手を出していく様がGOODでした。
基本はJKがなにかやるシーンですので、JK好きな方はとくに楽しめると思います。
まずは体験版からプレイしてみてはいかがでしょうか。