マグナ・フォルトゥナ~偉大なる運命と永遠の少女~ レビュー

マグナ・フォルトゥナ~偉大なる運命と永遠の少女~の紹介です。

ストーリー


主人公であるアヤナは容姿端麗スポーツ万能の少女。
神社を営む父親から命じられたとある淫蕩な儀式を控え憂鬱になっていたのですが…

気付くと異世界に。
見知らぬ世界で助けてくれた竜の巫女であるエレノアに話を聞くと、

邪神により陥った世界の危機を救うべく英雄を呼び出す術を行っていたらアヤナが現れたとのこと。
アヤナの美しさに心を奪われたレズエレノアは竜の魔力を使い、とある秘術をアヤナに施しました。その秘術とは痛みの許容量を超えたら自動的に即時再生される不死身の超高等魔術!
※ただし局部に限る
魔法で永遠の処女を手に入れたアヤナは世界の危機を救うべく、襲われたり快楽に溺れたり仲間を見つけたりと世界に潜むデモウラを倒し世界を救うため奮闘していきます。

何故アヤナが英雄として選ばれたのか。敵の目的とは。どうして父親が娘であるアヤナに儀式を命じたのか。

世界の危機を中心とした異世界、現実を巻き込んだ、時にコメディ時に熱く時にシリアスな長編ストーリーが幕を開けます。

システム

今作は某ロマ○ガをイメージしたシステムが特徴。


半オープンワールド形式のRPGでワールドマップと個別マップがありチュートリアルが終わった後はぼ全ての街に行くことが可能。


ストーリーはいくつかのメインクエストから成り立っており、それぞれのクエスト発生場所は様々で、どのクエストから始めるかも全て自由です。
基となる作品同様道筋などは決まっておらず、まずは手探りに色んな街を巡って情報を集めていくことになります。どうしたらいいか分からなくなることもありますが逆に手探りの中で
新たなクエストの発生や進展を見せた時の達成感はまさに冒険しているかのよう。

こういった一本道ではなくフリーで進んでいくタイプのRPGはフラグ管理が複雑なためエロゲーで見ることは結構珍しかったりします。

また本作は戦闘面も特徴的。


流れを汲んだ斜めからのターン式サイドビューバトル。


隊列システムもあり前列は迅速な攻撃、中列は槍や弓へ適し、後列は攻撃が半減してしまうため術士向きなど全10名という豊富なキャラクターと合わせて多彩な戦術を採ることが可能になっています。
レベルアップ等は無く、特技は戦闘中に自分の持つ武器に応じた特技が【閃く】というシステムになっています。様々な武器を使いこなし強力な特技を身につけましょう。他キャラが取得した特技に関しては専用アイテム【コツ】を使って習得が出来るので同じ武器を色んなキャラで使い続けることはしなくても良い便利な仕様になっています。
ちなみに魔法は専用の魔法書を使えばOKです。

ステータスは敵を倒すことで入手出来るステータスアップアイテムを使うことで上昇していきます。どちらかというと特技の重要性の方が高め。

これもかというべきか敵は戦闘回数に応じて強くなっていきます。強くなるスピードも中々早く、雑魚と戦い続けて適正ステータスを超えて俺TUEEEEEなんてことは上手にスキルなどの取得をしない限り難しいことでしょう。
突然現れた強雑魚に屠られて全滅した過去を思い出しますね。

味方キャラについて

先ほども紹介しましたが操作できる味方キャラは全部で10人。ステータスは勿論、使える必殺技も違うので色々組み合わせて戦える楽しみがあります。
連れているキャラによってイベント時のセリフも異なるので好きなキャラを連れて行きクエストをクリアしましょう。

エロシーンについて

本作のエロシーンは大きく分けて二つ。
1つ目が主人公アヤナの凌辱H。罠に嵌ったり、捕まって凌辱されたりとシチュエーションは様々。特徴としてはストーリーの項目でも紹介しましたがアヤナは基本常に処女
エロシーンも全て処女から。処女ものが好きであればこの時点で間違いないです。

またアヤナはある種の呪いによって快楽に対し非常に弱くなっておりすぐ気持ち良くなってしまいます。すぐイきます。エロいです。

そして何よりも特徴的なのが衣装に応じたエロシーンの変化。

アヤナの衣装は全10種ありそれぞれ着替えると立ち絵も変わるのですが…

なんとエロシーンもその時によって衣装が変わります。

立ち絵変更はエロゲーではよくあるシステムなのですが本作ではその時の衣装が全てエロシーンでも反映されます。圧倒的差分…!好みの衣装でエロシーンを見ることが出来るという非常に優れた(手を掛けた)システムになっています。チアリーダーやメイド服など好きな衣装で凌辱されるアヤナを楽しむことが可能。

二つ目は味方キャラとのエロシーン。味方キャラは7:3で女性なためレズシーンも多作品に比べ比較的多めです。こちらは凌辱色は無く、より淫蕩なアヤナとキャラを見ることが出来ます。


本作のエロシーン特徴をまとめると①画質が良い②全て衣装反映③テキスト量の多さということ。
まず①ですが作品自体がMXで作られているため画素数が大きく非常に綺麗です。

③に関しては述べた通りで平均的なエロゲに比べテキストが多く、シーン一つ一つがかなり長いのがプレイすると分かります。

まとめ

クリアまでの総プレイ時間は約15時間ほど。サブクエストまで含めるともっとかかりそうです。エロシーンについてはCGが全14枚(衣装など差分含まず)でシーン数は81個。
クリア後は回想が全開放されるのでエロシーンを回収する必要はありません。

気になる部分を挙げるのであれば進行不能になるもの含めバグがまだ現状多いところとゲーム自体が時々重いところでしょうか(2017/12/3時点)
ゲームが重いのはエロシーンの画質を重視した結果なので仕方がないのですがバグに関してはストーリーに引き込まれてハマっているところでフリーズしたり進行不能になってしまうのがとても惜しいです。
既にパッチが複数回出ており、かなりバグは治っていますが、まだ少し残っているので安定するまで待ちもアリかも。
とはいえ同価格帯で見るとストーリー、エロシーンどちらも質、量ともに平均を凌駕しておりコスパでいうとかなり優れた作品だと思います。3GB近くという商業並みのデータサイズからも伝わるでしょうか。まず体験版からプレイしてみては。
マグナ・フォルトゥナ~偉大なる運命と永遠の少女~