ゼヴェンの孕姫 レビュー

ストーリー


主人公であるレティシアは優れた容姿を持ち、毎日剣の鍛錬に励む清廉な王家の末っ子王女。
この日もいつものようにトレーニングをしていると父親でもある王より、
兄妹全てにお呼びがかかります。
内容は王位継承についての話。王位は「海神の祠」と呼ばれる迷宮に最も深く潜ることが出来た者、すなわち最も強きものが選ばれます。
抜きん出た優秀さと誠実さを持った長男が順当に継ぐものと思われましたが…

何故か鍛錬もせず放蕩を続ける王子ティロスが更に奥地まで潜ったことを証明し、
規定に従い王位継承権はティロスのもとへ。あわや傾国の危機です。
まだ「海神の祠」に挑戦していなかったレティシアはこれを阻止するべく単身で「海神の祠」そして祠がある町ゼヴェンへと歩みを進めることになるのでした。

ここは日常に色々な加護がある世界。処女を守る加護や熱から身を守る加護などその種類は様々です。
ゼヴェンも加護を受ける一つの土地。そしてその加護というのが…
女性を淫靡にしてしまう加護呪いだったのです。

なのでゼヴェンの街には女性は一人もおらず、居るのは女に飢えたろくでなしばかり。
レティシアは、そのプロポーション故に町の男たちから暑い視線を浴びることになります。
レティシアはその身を守り無事に迷宮を踏破して王位を継承出来るのか
男たちの罠と誘惑に飲まれ、加護のもと淫靡な毎日を送ることになってしまうのか
苦難と快楽の旅がレティシアを待ち受けています。

システム

今作の特徴としてまず挙げられるのがハクスラ要素強めの探索RPGであるということ。

ダンジョン「海神の祠」は各階層ごと10フロアに分かれており、各フロアはランダム
生成。宝箱から手に入るものも全てランダムで武器が手に入ることもあればポーションの
ような消耗品が手に入ることも。

フロア10の最深部にはボスが待ち受けており、これを倒すとその階層はクリアとなります。

次に特徴的なのが、主人公の強化システム。


まず主人公には全8種類のジョブがあり、これによって戦い方が大きく変わります。
ダンジョンに入る前にそれぞれ適したジョブに就いておくことが重要です。


続いてスキルツリー。各ジョブにはスキルツリーなるものがあり、自分の好きなようにポイントを振ってジョブを強化することが出来ます。
同じジョブでもポイントの振り方によって状態異常付与特化型や敏捷性特化など、より細部まで拘った自分だけのスタイルを作ることが出来ます。もちろんリセットして振り直しも可能。
最後にエレメント。
主人公レティシアは武器と装飾品をそれぞれひとつずつ装備が可能です。

各装備にはスロットというものがあり、ここにエレメントをつけることで武器の強化が可能です。
エレメントは10%の確率で麻痺付与や毒ダメージ90%無効等様々あり、効果は重複します。つまり極論を言えば物理攻撃50%回避+物理攻撃50%回避のようにつければ全ての物理攻撃を遮断する事すら可能…?

エレメント自身も強化が可能なので迷宮に潜ってはエレメントを回収し強化することで、いろんプレイが可能になってたりします。敵も耐性等クセが強く、エレメントによる各種強化を使い分けることが攻略の大きなカギとなります。

Hシーンについて

今作のHシーンは基本的に全て主人公レティシアのエロシーンになっています。
ただし王家で厳格に育ったレティシアは加護もありすぐには堕ちません。
最初はバスタオル一枚になるだけでも相当な抵抗があります。

羞恥に耐えながら布一枚になるレティシア。
「恥じらいが人を興奮させる」は非常に名言だと思います。

徐々に露出にも慣れてきて、段々快感になってきてしまうレティシア。
未知の感覚に酔う姿を拝むのはなんと背徳的な事でしょうか。

そして最後には身体へのタッチも許してしまいます。
こうなってしまってはもう挿入まで目の前。それすら許してしまったら心のタガは果たしてどうなってしまうのでしょうか。

とにかくセッ○スなど直接的なエロに入るまでが長く、
ゼヴェンという街で段々と淫に染まっていくレティシアを全て眺めることが出来るというの
がこのゲームの醍醐味でありカタルシスを生み出しています。
うーん、エッチだ!

まとめ

クリアまでの総プレイ時間は8時間ほど。モードはHARDにてプレイしたので、

EASY等の難易度を選べば大分時間自体は変わると思います。
ただこのゲームには一つにアイテムを収集し、強化。強敵を打ち破っていくという大きな楽
しさがあるのでHARDでのプレイが間違いなくオススメ。
状態異常でがんじがらめにするの楽しいんじゃあ!

Hシーンの総数は約100、HCG枚数は約40枚。体感的に差分もかなり多めで1シーン1シーンにボリュームがかなりあります。

ます今作をプレイして思ったのは探索パートがとても面白いということ。
ほぼ際限なく装備やをエレメントを強化し、ジョブやスロットの付け替えなど非常に
自由度が高くやり込み要素がアツイ。

つい欲張って無茶をしてしまいGAMEOVERになるのはこの手のゲームの宿命ですが悔しい!楽しい!
エロシーンについては実際にディープなエロに至るまでの過程というものが最近の作品ではあまり無く、そこに至る背景を含めてエロさを楽しめる作品となっています。

総合的にエロ、RPG両面で楽しめる素晴らしい作品だと思いました。
発売日の5/2までは10%オフで購入できるようです。
この機会に是非とも遊んでみては。
ちなみに体験版でも大分遊べますのでそちらからも試すのもお勧めです。

ゼヴェンの孕姫