ドラマラクエストⅡ レビュー

2015年6月25日

ドラマラクエスト

ドラマラクエストの紹介です。

d8

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ストーリー

前作に引き続きドラ○エを基にしたストーリー。

ただしバトルはいわゆるセックスバトル、モンスターは全て女の子型になっており主人公はHを武器に戦っていきます。

d2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

始まりは主人公の出生から。名前も自分の好きな名前も付ける事が可能です。

本作ドラ○エ5の幼少期をメインにつくられており有名なパパスのぬわーーっっ!!までプレイする事が出来ます。

システム

まずは今作のHシーンのキモである戦闘から。

d3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

戦闘は一般的なターン式。バトルファックなのでHで快感(ダメージ)を与えていく事になります。

スライム系や、ドラキー、わらいぶくろ等、様々なモンスター娘が敵として出現。

d4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中には顔や局部が隠れたおおきづちのような敵も。

こういう時はじゅもんを使いましょう。

一般的には防御力を下げる呪文である「ルカニ」を使用すると…

d5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

服が脱げてピストン攻撃が出来るようになりました。

服を着ている敵にはルカニでまず服を脱がす事が勝利の近道です。

d7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダメージをある程度与えると表情や息遣いが変化。あともう少しでイカせて勝利です。

d6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

敵の攻撃にはHアニメ―ションがあるものも。おおきづちの場合は特性のオナホールによる攻撃です。

アニメーションは複数あるものの全体的にかなり短くアップが多いので少しヌくには適さないかも。

ピストンなどの全体アニメーションはスパロボの乳揺れ等物理シミュレーションを用いた揺れに近い感じです。

d9

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

倒すと図鑑に登録されいつでもデータを見る事が可能になります。

回想部屋にも登録されるのでいつでも戦闘し、Hシーンを見る事が可能になります。

戦闘のバランスは非常に緩く易しめ。

・いつでもノーリスクでメニューからHP全回復可能

・魔法は回復のホイミ系、服を脱がすルカニ、防御力を上げるスカラの三種のみ。

・一度戦った敵は再度撃破しても経験値は激減。逆に初見の敵をHシーンを見つつ一通り撃破していけばラスボスまでレベル上げ不要。

以上の点に加え敵の攻撃も比較的単純なのでHPに気を付けて回復をしつつ戦えばまず負ける事はなくサクサク進める事が出来ます。その代り戦闘の面白さやギリギリ感を求める人には物足りないかと思います。

バトルファックがメインの作品なのでHシーンが見たい方にはスムーズに進めていいのかも。

d10

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

敵との出会いはシンボルエンカウント方式。全て同じであった前作と違いまだ戦っていない相手が一目でわかるようになりました。近くを通ると追ってくるという事もないのでサクサク進めたければ全くエンカウントしないことも可能です。

上記の変化もそうですが今作はとにかくストレスフリーを意識してつくられている印象。

前作初期で存在した戦闘中や敗北後Hシーンのテキストスピードの遅さが改善され早くなり、

また早送りやシーンスキップも装備されヌキたい敵、ヌキたいところでの快適なプレイが可能になりました。

まとめ

クリアまでの総プレイ時間は約二時間ほど。

総シーンは登場キャラと同数(1シーンのみ二人分)の全44個。

服装や色違いのモンスター(差分)を除いた総CG数は約35個。

 

戦闘易化、シーンスキップや早送り等バトルファック快適なHシーンに向けて作られている作品であり

HCGのクオリティがとにかく高いので画像等を見て気に入った方にプレイして欲しい作品です。

アニメーションを多く取り入れている作品でもあるのでまずは体験版からプレイして見ては如何でしょうか。