ナナハよ。 レビュー

2015年6月25日

ナナハよ。


今回はナナハよの紹介です。

ストーリー

主人公達が暮らすのは中枢都市ベリエンテ。

ここでは厳しい男女隔離制度により家族、恋人と一緒に暮らす事は出来ません。

nn2

男は「衛士」として異形と戦い、女は農婦か娼婦として働き、逢えるのは衛士と娼婦と言う間柄か一部の制度のみ。

これを破ると例外なく罰に。守っていても容赦なく仲は引き裂かれてしまう、そんな世界です。

主人公は家族を持っており、紹介をすると

nn3

まず妻であるユラハ。おっとりしていますが芯の強い主人公を心から愛する女性です。

nn4


そしてユラハとの娘であるセリハ。気は強くませていますが、心はまだ幼く両親を思いやる女の子です。

ムラで三人仲睦まじく暮らしていますが、とある事件をきっかけに都市で離ればなれに暮らしていく事になります。

 

都市ベリエンテでは主人公の戦闘能力を買われ、異形「モルモット」の撃破をすることになり、

リスクと引換に家族どちらか一人とダンジョンである「廃棄実験区域」を探索する事になります。

nn5


ダンジョンでは助けられる人々も。

この娼婦とは少し関わりがあるのですが…。

 

 

本来は男女離ればなれになる都市。男女一緒に冒険する事は本来なら御法度。

それなりの対価を支払うことになります。

廃棄実験区域のフロアをクリアすると闘技場で主人公はバトルをしなければなりません。

負けると、ユラハ、セリハどちらかが対価として相手に差し出されてしまいます。

 

果たして主人公は二人を守りきり、ベリエンテを脱出できるのか。気付くころには心まで奪われてしまっているのか。

ストーリーが進んで行く毎にベリエンテそして廃棄実験区域、

更にはユラハや主人公の隠された過去の秘密が徐々に明らかになると共に隠された真実が現れます。

システム

本作では廃棄実験区域と呼ばれるダンジョンを探索します。

各フロアに分かれており、最奥にいるボスを撃破するとそのフロアはクリア。ストーリーが進んで行きます。

nn11


戦闘は一般的なターン式戦闘。基本は主人公とパートナーの二人パーティです。

バランスは比較的シビアで、レベル上げや装備をしっかりしていかないとボスはおろか雑魚にも苦戦を強いられることになります。

特にボスはHPも多く長期戦になる事もしばしば。

その反面スキル等を上手く使うとボスでも余裕を持って撃破出来たりと考える必要がある戦闘に仕上がっています。

 

ここで肝心のパートナーですが、序盤にてどちらかをユラハかセリハどちらかを選ぶことになります。

nn6


回復魔法が得意で攻撃もそこそこにこなすユラハ。全体回復スキルはボス戦で非常に役立ちます。

nn7


攻撃スキルが充実しているセリハ。HPが低いので強力な攻撃を行うボス戦では特に注意して守ってあげましょう。

選んだ方がバトルでもパートナーとなり、ストーリーもパートナーが主軸となって進んで行きます。

Hシーンもパートナーのものが殆どになるため、選択は慎重に。両方のHシーンが見たい場合ストーリーを二週することになります。

 

 Hシーンについて

RPG部分も勿論ですが今作で最も特徴すべきはHシーンの描写です。

寝取られ、凌辱がメイン。というか主人公との明るく楽しい純愛Hなんていうものはほぼ存在していません。

今作はこのHシーンにおける心理描写がとても秀逸です。

寝取られというと拒めるのにもかかわらず、すぐ快楽に負けて堕ちてしまう

シチュエーションに違和感のあるものがかなり多いです。

 

この作品では、寝取られに至るまでの経緯、拒めない理由、快楽に耽るまでの心理が細やかに描写されているために

感情移入がとてもしやすく本当に寝取られを体験しているかのようなそんな気分になります。

例としては

致命的な遅行性の毒ガス部屋にパートナーと男が閉じ込められる

⇒パートナーが必死に出ようとするも万策尽き男に襲われる

⇒強い拒絶を続けるもついには犯されてしまう

⇒犯されている間も抵抗し快楽に目覚めず、ここで終わりと絶望

⇒絶望の中男のどうせしんじまうんだ!…の一言によって動揺し、どうせなら…と快楽を受け入れ始めてしまう

のようにとにかく一つ一つの行動にきちんとした理由づけがされています。

 

寝取られも一度や二度のH行為でどうにかなるものではありません。

クリアまで十時間以上、Hシーンも数多くありますがずっと主人公への想いを抱いており

最後の最後に漸く心まで落とされるといった紆余曲折あった中での寝取られはもはや涙ものです。

nn8


初めはおさわり程度。完全な拒絶です。

Hまで序盤は中々至りません。中盤程度でようやくといったところ。

nn9


パートナーは一緒にいる対価として奉仕をしなければなりません。

どんな恥ずかしい恰好も主人公と一緒にいるためには仕方のない事なのかもしれません。

nn10


そして最終的にはHまで。こんな多人数に犯される中でも主人公への想いは尽きず。それでも身体は男を受け入れてしまいます。

 

まとめ

総プレイ時間は約20時間ほど。

ユラハとセリハそれぞれをパートナーにしてストーリーをクリアするまでなので一周は約10時間程度。

ストーリーをクリアするとパートナー分の回想が解放されるので取り逃しの心配はありません。

レベルなど引継ぎが出来ずはじめからなのでセーブデータにはご注意を。

 

Hシーンの秀逸さについては述べましたが、この作品はそのCG枚数及びシーンも膨大です。

作者様サイトの情報によるとCG枚数基本187枚、差分、立ち絵含め930枚強だそう。

ストーリーもかなり重厚に仕上がっておりこれで1000円程と考えるとそのコストパフォーマンスは異常ともいえそうです。

 

とにかく寝取られ、凌辱が続くので人を選ぶ作品なものの、

ハマる方にはこれ以上ないほどお世話になりそうな作品だと感じました。

体験版もあるようなのでまずはそちらからプレイしてみてはいかがでしょうか。