ロリホイ2★マオウの力はパないの★ レビュー

2015年6月25日

ロリホイ2★マオウの力はパないの★


ロリホイ2★マオウの力はパないの★の紹介です。

ストーリー

loli2


今回の主人公は重度のロリコン。

その欲望は現実で許されるはずも無く、ゲームで発散させていました。

そんなある日主人公は、ふとした拍子にゲームカセットへ精液をぶちまけてしまいます。

すると…

loli3


主人公の目の前にはマオウが。ぶっかけたゲームはなんと精液を生贄としてマオウを召喚するとんでもないゲームだったのです。

マオウは思考までも読み取ってロリコンを正当化しやり放題にしてしまう魔王の力を授けます。

loli4


ゲームで敵を撃破していく事でオタクとは思えない強さを得ていく主人公。

民間人など既に寄せ付けない力を持った彼は獲物を探すべく街へ繰り出します。

 

 

ここで今作のターゲットになるロリっ娘は三人。

loli5


無邪気で純粋な心の持ち主であるナナ。

主人公が駄菓子屋で風船をおごってあげるともういいおじさんと勘違いしてしまうような女の子。

loli9

 


大のゲーム好きでゲームを手に入れるために体まで売ってしまうレイ。

Hに対しては冷めていて、入れられても表情を変える事無くゲームに没頭してしまうような現代っ子です。

loli12

 


そして最後に金髪美少女のティアナ。

まだまだ日本文化に疎く主人公の嘘にまんまとひっかかってしまう良い子です。

 

 

主人公は警察にも捕まる事のない力を持って三人を次々と犯しに向かいます。

その途中では様々な敵も。

loli7


包丁を持って襲い掛かる駄菓子屋のおばあさん。

立ちはだかる敵はなぎ倒し、ご褒美となる美少女とのHを楽しみましょう。

loli


調教が進むとこんな言葉もかけてくれるナナちゃん。

初めは嫌がっていたもののその内エッチの魅力にはまり、親密度が増していきます。

 

Hシーンについて

Hシーンは全編画面をフルに使ったドットアニメーション。

1キャラにつき差分含め4シーン存在します。

loli13


ティアナちゃんにさりげなくおさわりをしたり、

loli10


レイちゃんに手慣れたフェラをしてもらったり、

loli14


軽いナナちゃんを抱えて駅弁をしたり。

画像では全く分からず伝わらないのですが

滑らかにアニメーションをしておりエロいので体験版などで是非確認を。

また各キャラにはボテ腹エッチシーンがそれぞれあるので、ボテ腹フェチの方も要チェックです。

まとめ

総プレイ時間は約一時間ほど。

シーンコンプまで含めて大体それくらいでした。

エンディングはマルチエンディングですがストーリーの最後でキャラ毎にHをこなした上で話しかける事で個別エンドへとなるので

途中で分岐などという事はありません。

 

まとめとしてはとにかくコスパが良いという印象を受ける作品です。

価格が期間限定で756円とかなり低価格ながらフルアニメーションかつボイスもついているので

抜きゲーとしてロリ好きにはほぼ間違いない作品になっていると思います。

逆にRPGとしては比較的苦労せずラスボスまで撃破できてしまうのでロリクエ2のようにRPG成分もやりこみたい!

という方には少し不向きかもしれません。

 

攻略は…恐らくほぼ必要ないかとは思いますが需要があれば掲載いたします。

強いてあげるなら、

・マップ各地にあるゴミ袋からアイテムや装備を入手可能※Hシーンで使うアナルビーズ等も手に入る。

・同じように部屋の中(レベル15以上で入れる主人公宅の上の家も含め)の棚などはアイテムの宝庫

・各個別エンドへは自宅でエッチを繰り返し、会話を進めていくと会話4コンプ後位にHシーン選択時エンディングへの選択肢が出現。

 

こんなところでしょうか。

いつまでの期間限定かは分かりませんが300円も安くなっている今が狙い目の作品となっていますので

まずは一度体験版からプレイしてみてはいかがでしょうか。