百鬼夜行 剣姫無慘 レビュー

2015年6月25日

百鬼夜行 剣姫無慘

百鬼夜行 剣姫無慘の紹介です。

システム

同人ゲームでは珍しい3DアクションRPG。

主人公を操作して街の人々から依頼を受けつつストーリーは進んでいきます。

まず起動して驚いたのがそのグラフィックのクオリティの高さ。

k1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主人公。画面では良く見えませんが両手に剣を持って敵を攻撃する事が可能。

k2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アングルは自由自在。アングルの調整は全てマウスで行われます。こんな下からのアングルも。

ズームイン、ズームアウトなども勿論可能です。

k3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

衣装チェンジ。敵を倒すとランダムで衣装や武器防具等をドロップ。

その場で着せ替える事が可能です。衣装は複数あり今のところ八種類ある模様。

k6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

敵から攻撃を受けていると衣装破れが発生。3Dな分よりエロイです。

k5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

依頼は街や街の外にいる人々と話す事で発生。上で話しているのは将軍。

この方の依頼を進める事でメインクエストが進んでいきます。

ストーリー性は比較的薄めで、どちらかというと各地で依頼を受けつつ、敵を撃破したり、逆に犯されたりするのがメインの遊び方となっています。

k9

 

 

 

 

 

 

 

 

k7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

戦闘シーンはまさにアクションゲーム。マウスのクリックのみで連撃が発生し、エフェクトも派手なので爽快感があります。

k11

 

 

 

 

 

 

 

 

k12

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

敵からの攻撃を受けて気絶してしまうと凌辱が発生。

モンスターごとに様々なHシーンが自由なアングルで見られます。

今のところ回想などは無く自由に見たいシーン、体位が見れるわけではなく現状少し気になる部分ではありますが、アップデートで自由に敵を召喚してH出来るようになるようです。

勝手に射精してしまうのもちょっと気になるポイント。

k10

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

飛行船に乗って離れたダンジョンへ行くことも。景色をアングルを変えてみたりするのも楽しいです。

まとめ

総プレイ時間は5時間ほど。

とりあえず全てのクエストをクリアしてこれくらいなので、衣装や装備を全て集めたらもう少しかかるのかなと思います。

ストーリーを進めるというよりは3Dの世界をHシーン含め自由に遊べるという事が本作を遊ぶ上での醍醐味ですね。

グラフィックのクオリティが非常に高いので画像で見るよりも是非一度自身でプレイして体感して見て欲しい作品です。

3D作品ということもあり、パソコンについてもある程度のスペックが求められる作品です。

まずは一度体験版からプレイして見ては如何でしょうか。