灼炎の騎士アコス=リリーⅡ レビュー

灼炎の騎士アコス=リリーⅡの紹介です

ストーリー

今作の主人公は前作で歴代最強の英雄となったアコス=リリー。

その他アワイ等前作のキャラや新キャラも登場してきてストーリーは進みます。

舞台は地下世界。力を封じられたアコスが地下に訪れた危機を救うため獅子奮迅の活躍をします。

システム

まずはRPGの基本である戦闘面から。

戦闘はオーソドックスなターン式戦闘。

HP、MPの他に敵攻撃を受ける、チャージ等で溜まるTPがありこれを使う事で強力な特技を放つことが出来ます。

アコスはレベルUP等で得られるスキルポイントを割り振っていくことで沢山のスキルを覚えていきます。レベルUPによるステータスアップも大きいため、レベル上げをして色んなスキルを雑魚に使って無双というのがこのゲームの楽しみの一つでもあります。

肝心の敵キャラはなんと200体超え。戦うと図鑑に登録されやり込み要素の一つに繋がっています。ドロップ等も登録され、一番レアなものは某おうじゃのけんを超える1/255だったり。

ダンジョンでは色々な謎解き要素も。階段が隠れていたり、トラップが仕込まれていたり。

場合によっては罠にはまり触手に処女を奪われてしまう事もあります。

様々なステージでの探索が楽しめます。一度クリアしたダンジョンには短縮ワープが設置されたりとストレスを無くすための措置もしっかり。

またアコスの状態はステータス画面で色々見ることが可能。

淫乱度やサド度、中だし回数等全て記録されており、これまでのアコスのエッチな軌跡を振り返ることが出来ます。

Hシーンについて

おまちかねのHシーンについては大きく分けると二種類。

1つめはバトルエロ。

鎧を奪い取られたりすると特定の相手は…

バトル中にもかかわらずエッチな攻撃を仕掛けてきます。

アコスの状態によってはこんなエッチな姿でバトルに入ることもあります。

状態は勿論バトルエロにも反映。自分の好きな装具でエロに臨みましょう。

 

2つ目は地下世界での生活で発生するさまざまなエッチシーン。

アコスは基本的に快楽に対してメチャクチャ弱いのですぐチ○チ○に溺れていきます。

悲壮感のようなものはなく貪るような淫乱Hが中心です。

責めや受けはどちらも多く一方に偏っているという事はありません。

ルート分岐の中には完全に堕ちてしまう淫乱ルートがあるほど。

 

まとめ

総プレイ時間は現在15時間程。ルートが5つエンディングがバッドエンド含め10個存在しているので非常にボリュームがあり、値段以上に楽しめます。

クリアするとステータスを引き継いで初めからになります。エンディングを制覇するには何度も周回することになるのですが短縮ワープ等があるのでストレスは感じにくく図鑑コンプを目指しつつプレイ出来るようになっています。一部ワープ無しダンジョンが若干めんどうに感じる部分はあったかも。

CG枚数は全37枚でエッチシーン134とエロシーンに関しても平均以上。こちらでもボリューム不足を感じる事は無いと思います。殆どがアコスのエロシーンなためアコスが好みであれば、エロに関してもまず間違いありません。

サクッとエロシーンを見たいという方には正直不向きだと思いますが、ルート分岐などゲームをしっかり楽しみつつ淫乱に堕ちたエロシーンもみたいという方には間違いなくお勧めできる作品かと思います。

体験版もあるのでまずはそちらをプレイしてみてはいかがでしょうか。

灼炎の騎士アコス=リリーII