サキュバス戦記 レビュー

ストーリー

ある日突然サキュバス達に襲われる村。その魔力に人々は苦戦を強いられます。

村を助けるため、戦いに出る自警団の3人の若者、

見習い守護者の大男、ノブ

切れ者の軍師キャラで見習いシーフのユミル、

そして主人公で自警団リーダーのレイ。

3人は見事にサキュバスたちを撃破し都へ報告へ行くのですが…

都もまたサキュバス達の襲撃を受けて危機に陥ります。何故か都の兵士達の攻撃はサキュバスに効かず戦力になるのはレイ達のみ。そこにはとある秘密があり…

サキュバスの侵略に3人は否応無しに勇者として巻き込まれていくことになります。

システム

今作はいわゆるSRPG。
ターン制で自ターンに各キャラを移動させ攻撃を仕掛けます。

敵は反撃をしてくるので、HPに注意。敵ターンに囲まれて袋叩きに会う事も多々あり。

敵のサキュバスはHPを1にすると命乞いとして誘惑を仕掛けてきます。

ここでおっぱいに見とれてしまうと…一撃死不可避です。

各ステージの間では街(拠点での)で武器や道具の売買や情報収集が可能。

各ステージ間は一度きりしか無いので良いアイテムは買っておくこと。特に武器関連は耐久度もあるのでお金に糸目は付けず買っておきましょう。

SRPGらしく各ユニットはストーリー進行とレベルアップによってクラスチェンジが出来ます。クラスチェンジと言っても基本的には前職の上位互換になるのでクラスチェンジが出来るようになったらガンガン上位職にしていくのが吉。

Hシーンについて

今作は敵淫魔からの色仕掛け誘惑Hがメイン。

基本的に敵キャラ全て立ち絵が有り、誘惑エロシーンがある他

ボスキャラなど一部敵には1枚絵のエロシーンも。

パイズリシーンについては全編手書きでヌルヌル動きます。(画像では伝わらないため省略しました)

敵女キャラは55体以上おり、巨乳貧乳、責めも足コキ、フェラパイズリなど様々。弱点を突かれるともう自キャラは快楽により何もできません。

命乞い一つにしても1回目と2回目でテキストが変わったりと、上記のキャラ数と含め、差分も考えるとかなりのエロシーンが存在しています。

まとめ

今作の総プレイ時間は約7時間程。

ステージで家に入ると発生するイベントや貢ぎイベントなど、ステージや間の部分で色々なイベントが散りばめられており、まだまだ遊べそうです。

アップデートもかなり行われているようなので少し落ち着いてからプレイするのも一つの手かも。

戦闘のバランスもかなり良く、しっかり戦術を練らないと普通に全滅するレベルになっており、歯ごたえのある戦闘が楽しめます。特に後半はアイテムとスキルを上手く使わないとクリアは見えてこないでしょう。

ボリュームも多いことも勿論、サークルのお名前にもある通り、色仕掛け、そしておっぱいにこだわりが見える作品となっています。

システムも他のゲームと一線を化しており(命乞いや、誘惑)広く深く同人エロゲーマーに刺さりそうな今作、是非プレイして見ては。